[[img(http://x8.yakigote.com/bin/ll?154920200)]] [http://x8.yakigote.com/bin/gg?154920200 アクセス解析]
<< 思い出の一冊 | main | 2008年です >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |

夜は短し歩けよ乙女

評価:
森見 登美彦
角川書店
---
(2006-11-29)
JUGEMテーマ:読書


とっても不思議なお話です。

じつはこの作品を読んでいた時に急に先に書いた「世界の人形」という絵本を思い出したのです。

この作品の中で黒髪の乙女が古本市で、昔読んだ絵本「ラ・タ・タ・タム」を探しているシーンがあるんです。

そこでふと・・・私が子供の頃読んだ絵本で、今でも表紙や中身まで思い出せる一冊がこの「トツパンのカメラえほん  せかいのにんぎょう4」だったんです。

もしかしたら探せばどこかにあるのかもしれないなぁ〜なんて思いはじめたら、もう欲しくてたまらなくなったんです汗

あっ!話はそれましたが、「夜は短し歩けよ乙女」

この作品はなんていうか、描写はなぜか「となりのトトロ」的なんですよね。

まったく不思議な世界に足を踏み入れたかと思えば、リアルな社会が現れたり、登場人物はすべて個性的な面々だし(笑)

こういう想像力豊かな作品は自分には絶対書けないなぁ〜と思いました。

posted by: 管理人 | 趣味 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。